お知らせ

  • 2022年12月05日

  • イベント登壇

【12月23日】繊維学会に登壇します

代表・堀江が繊維学会の2022年繊維応用講座に登壇します
堀江の登壇は2022年12月23日 14時~14時40分。

2022年12月23日(金)の〈一般社団法人繊維学会〉主催の『2022年 繊維応用講座 〜 繊維業界におけるデジタルトランスフォーメーション推進の現状と課題、展望〜』に、〈Printio〉代表・堀江が登壇いたします。

アパレル・ファッション産業に関わる「繊維産業」や、繊維関連産業では、大量生産・大量廃棄・環境汚染などの問題を解決すべく、さまざまなサステイナブルな事業変革が進められています。

SDGsへの貢献など世界的な環境意識の高まりと共に、コロナ禍におけるオンラインアパレルも増加し、デジタルトランスフォーメーション(DX)の波が加速しつつある繊維業界。

2022年度の『繊維応用講座』では、デジタルプリント、VR等、さまざまな視点からアパレル・ファッション産業のDXに関わる現状と取り組みを紹介し、今後の繊維関連業界の方向性や将来の目指すべき姿について、改めて考える機会を提供するとのこと。日本全国の工場のDXを推進しようとシステムを開発している〈Printio〉は、講座内で日本の繊維業界におけるDX推進にまつわるオンライン講義を行います。

参加の登録申し込み期間は、 2022年12月16日(金)までなので、お申し込み逃がしのないようお気を付けください。
参加申し込みはこちらから

概要はこちら

主催: 一般社団法人繊維学会
協賛: ファッションビジネス学会 デジタルテキスタイル研究部会
日時:2022年12月23日(金)13時-17時 
(※Printioを運営する(株)オープンファクトリー代表の堀江の登壇は14時-14時40分です)
開催方法: オンライン開催(zoomシステム利用)
定員: 300名
公式サイト:https://www.fiber.or.jp/jpn/events/2022/appli.html

『2022年 繊維応用講座 〜 繊維業界におけるデジタルトランスフォーメーション推進の現状と課題、展望〜』開催概要

プログラム: 13:10 ~ 13:15 開会のあいさつ
13:15 ~ 13:20 注意事項等のご案内
第一講
13:20~14:00 最先端技術が日本の伝統に変わる時
法政大学国際日本学研究所(兼任)経営学部 岡本 慶子 氏
第二講
14:00~14:40 (仮)
(株)オープンファクトリー 代表 堀江 賢司 氏
第三講
14:40~15:20 デジタルテキスタイルソリューション最前線
セイコーエプソン(株)P事業戦略推進部 藤森 信幸 氏
15:20~15:35 休 憩
第四講
15:35~16:15 3D着装シミュレーションソフトCLOで目指すアパレルの未来
(株)ユカアンドアルファ 東京本社 マネージャー 笛木 愛美 氏
第五講
16:15~16:55 デジタルファッションとネオジャポニズム
クチュールデジタル(株)代表取締役 森田 修史 氏
16:55~17:00 閉会のあいさつ
*各講演40分