お知らせ

  • 2022年05月23日

  • プレスリリース

マイクロソフト社のスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました

“独自のイノベーティブなテクニカルソリューションを持つスタートアップ企業の成長促進”を目的にしたスタートアップ支援プログラムに株式会社OpenFactoryの〈Printio〉の採択が決定しました

インターネットとデジタルプリントを使い、ユーザーのビジネスと全国の工場をオンデマンドでつなぐバックエンドサービス「Printio(プリンティオ)」を展開する「株式会社OpenFactory(本社:東京都港区南青山、代表取締役:堀江 賢司)」は、Microsoft Corporation(本社:米国ワシントン州、以下「マイクロソフト社」)が提供する、スタートアップ企業の規模拡大を成功させるためのグローバルプログラムである「Microsoft for Startups」に採択されました 。

株式会社OpenFactoryの運営するバックエンドプリントオンデマンドサービス「Printio」は、Microsoft for Startupsの採択により、既存のAPIを使用した連携だけではなくウェブからアクセス可能なチーム向けの最適発注システムをAzureを使用し構築する予定です。

また、メンター制度やテクニカルサポートを活用して、セキュリティ向上にも努めてまいります。 

●「Microsoft for Startups」とは 
マイクロソフト社が提供し、世界140カ国以上でグローバル展開されているスタートアップ支援プログラム。 

“独自のイノベーティブなテクニカルソリューションを持つスタートアップ企業の成長促進”を目的とし、Azureをはじめとしたマイクロソフト社の保有するテクノロジーへのアクセスやマイクロソフト社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。 

詳細はこちら:https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/